入学金・学費
入学金 前期 後期 初年度合計
ITスペシャリスト学科 200,000 500,000 450,000 1,150,000
情報メディア学科
医療秘書学科 200,000 450,000 450,000 1,100,000
学費以外の諸経費
  • ① 教科書代として年額40,000円程度が必要です(学科、コースにより異なります)。
  • ② 資格・検定試験料として実費が必要です。
  • ③ さくら会会費として毎年10,000円を、前期授業料と同時に納入していただきます。
※ さくら会とは、本校と保護者様との密接な協力により、教育成果の向上を期し、学生の福祉を図ることを目的とした会です。
学費支援制度の案内
日本総合ビジネス専門学校では、修業における学費負担を軽減するため、様々な学費支援制度をご用意しています。
奨学金制度
制度名 制度内容
ニチビ特待生制度
返済不要
年額 20〜80万円
入学志願時に「ニチビ奨学生入試」を受験し、入試結果の成績優秀者に支給する。
※ 入試時成績に応じて支給額を決定
一般奨学生制度
返済不要
年額 20万円
入学後、学業・人物ともに優れている者で、経済的理由等により就学が困難な者に奨学金を支給する。
(在学中に適宜申請)
学業報奨金制度支給
返済不要
合格(入賞)時 5千円~7万円
  • 在学中に国家試験・各種検定試験に合格した者に奨学金を支給する。
  • 在学中に作品コンテスト等に入賞した者に奨学金を支給する。
さくら会奨学金制度
要返済
学費半期相当額(無利子)
経済的理由により授業料の納入が困難な者に対し、さくら会(保護者会)が無利子で貸与する。
※ 卒業後、5年以内に10万円ごとの半年月賦返済
日本学生支援機構奨学金
要返済
 
返済不要
  • 自宅通学者…月額 約3万8千円
    又は 1〜2万5千円
  • 自宅外通学者…月額2〜7万5千円
原則として、高等学校の評定平均値が3.5以上の者で、奨学金の貸与を希望した場合、審査により奨学金を貸与する。
※ 原則返還不要
詳細はこちら(独立行政法人 日本学生支援機構)
  • 自宅通学者…月額5万3千円 又は 2〜4万円
  • 自宅外通学者…月額2〜6万円
原則として、高等学校の評定平均値が3.5以上の者で、奨学金の貸与を希望した場合、審査により奨学金を貸与する。
※ 卒業後20年以内に返済
詳細はこちら(独立行政法人 日本学生支援機構)
  • 月額 2〜12万円
原則として、その者の属する学年の平均水準以上である者でかつ、家庭支持者の収入が一定水準以下の者が奨学金を希望した場合、貸与する。
※ 卒業後20年以内に返済
詳細はこちら(独立行政法人 日本学生支援機構)
教育ローン制度
提携教育ローン
要返済
限度額 160万円
手数料 年4.5%
詳細はこちら(株式会社オリエントコーポレーション)
日本政策金融公庫
「国の教育ローン」
要返済
限度額 350万円
年利 1.68%(2020年11月現在)
詳細はこちら(日本政策金融公庫)
その他制度
学費分割納入制度
10回払い
(4〜8月は10万円、10〜2月は9万円)
(医療秘書学科は9万円)
入学金を除く、授業料を月賦払いする。(無利子)
入学金減免
入学金全額(20万円)免除
  • 大学および短期大学卒業、卒業見込み
  • 本校在学中の兄弟姉妹
  • 本校卒業生の子および兄弟姉妹
入学金半額(10万円)免除
  • 指定校推薦入学試験の合格者
入学金減免(減免額:5万円)
  • AO入試
入学金減免(減免額:2万円)
  • 推薦入試